鏡を見ている男性
  • ホーム
  • 育毛剤とプロペシアの併用は効果があるのか?

育毛剤とプロペシアの併用は効果があるのか?

AGAは側頭部や後頭部、前頭部などの頭髪が薄くなってきて気付く人が多いですが、早めに対策をしないと少しずつ進行してしまいます。
AGAの症状で悩んでいる人が専門クリニックを受診すると、丁寧な問診やカウンセリング、診察を受けることができます。
医師が専用の医療機器を使用して頭皮チェックを行ったり、血液検査を行ってから内服薬のプロペシアを処方してくれます。

プロペシアは主成分がフィナステリドになっており、頭皮の血流を促進したり、頭皮環境を整える効果が期待できるので、AGAの進行を遅らせたい人にお勧めです。
主成分がフィナステリドであるプロペシアは海外諸国では大変ポピュラーな医薬品になっており、一日に一回服用をすると、発毛しやすい環境を整える働きがあります。

専門クリニックではプロペシアと同時に育毛剤を処方してくれるので、併用をすると相乗効果が期待できます。
専門クリニックで処方される育毛剤は安全性に優れており、頭皮の血流を促進したり、炎症を抑える働きがあるので、健康な人であれば問題なく使用できます。
プロペシアは優れたAGA治療薬ですが、人によっては頭痛や吐き気、胃のもたれ、視覚異常などが見られることがあります。

高血圧や心臓病、脳血管障害などの内服薬を処方している場合は、禁忌もあるので医師に相談して下さい。
持病があり薬を服用している場合は、薬との相性が悪かったり、禁忌もあるので医師や薬剤師にきちんと伝えておきましょう。
健康な人の場合はプロペシアと育毛剤を併用しても問題はありませんが、持病や頭皮に炎症や湿疹などの異常がある人は、育毛剤が使用できないこともあります。

口コミで評価の高い専門クリニックを選ぶと、きちんと検査を行い内服薬を処方してくれるので、安心して通院ができます。
内服薬に関する疑問点や不安があるときは、納得が行くまで相談しましょう。
完全個室で診療が受けられるので、プライバシーも厳守してもらえます。

併用しちゃいけないケースもある

AGAは早い人は20代から見られますし、30代、40代と年齢を重ねると髪質も変化してくるため、年齢とともに薄毛に悩んでいる人が増加してきます。
専門クリニックを受診すると、血液検査などで健康状態もチェックしてくれるので、必要がある場合は内服薬のプロペシアを処方してくれます。
プロペシアやフィナステリドが主成分になっており、頭皮環境を整えたり、血流を促進する働きがあるので、AGAの進行を遅らせる効果が期待できます。

育毛剤とプロペシアを併用することで、相乗効果が期待できますが、併用してはいけないケースもあります。
高血圧や心臓病、脳血管障害などの持病があり内服薬を服用している場合は、薬との相性が悪いこともあるので禁忌があります。
持病がある人は、AGA治療を受ける前に医師に正直に伝えておきましょう。

専門クリニックでは頭皮の炎症を抑えたり、血流を促進する育毛剤も処方してもらえますが、皮膚疾患があったり、持病がある人は使用できないケースもあります。
専門クリニックに通院をする前に、服用している薬の処方箋を持参しておくと良いでしょう。
健康な人の場合はほとんどの場合は、問題なくプロペシアや育毛剤が使用できますが、気になる症状が見られる場合は服用を中断して医師に相談して下さい。

プロペシアは優れたAGA治療薬ですが、即効性はないので最低でも半年以上は続ける必要があります。
どんな優れた医薬品でも、多少のデメリットはあるので、医師のアドバイスを受けておきましょう。
AGAは早期発見、治療を行うことで、病気の進行を遅らせたり、頭髪を良好な状態を維持できます。
完全個室で診療が受けられるので、まずは悩みを相談して下さい。